FC2ブログ

奈良電車区103系4+4 42A+51A運用

平成28年9月30日(金) JR西日本10月改正で42A+51A運用が消滅するそうで、お出かけついでに撮影。朝から暑い日でした。

桜ノ宮→天満 奈良電車区103系4+4
大阪環状線でこの姿が見られるのも最後らしく、あちこちの駅でカメラを向けるファンの姿がありました。
上手く日が当たってくれました。感謝感謝。
スポンサーサイト



12系14系東武鉄道向け甲種輸送 8862レ

平成28年9月29日(木)前日28日にJR四国を発った東武鉄道向け12系14系6両の甲種輸送を捕獲すべくお出かけ。
牽引機とヘッドマークが注目される甲種輸送となりました。

8862レ 尾張一宮→稲沢 EF65-2139+12系14系6両
「瀬戸」を模した「甲種輸送」ヘッドマークを堂々掲出した国鉄色2139号機に導かれた、元JR四国12系14系6両が稲沢機関区へ差し掛かります。お召し塗装に復元されたEF64-77号機の横を通過する姿をカットしました。
この組み合わせも最初で最後。貴重なものです。

ef65-2139_280929_1a.jpg
甲種輸送はJR貨物が主役。ここ稲沢機関区でこの組み合わせを捉えることができ感謝であります。

ef65-2139_280929_3a.jpg
8862レ 稲沢→清洲 EF65-2139+12系14系6両
稲沢出発の姿を捉えました。
この後さらに追いかけることも出来ましたが、東名高速集中工事による渋滞とお天気を鑑みここで納竿としました。

この日は多くのファンの方々が西から東へ大移動。最初で最後の大ネタで盛り上がった一日でした。

DF200-233+DD51+DD51試運転

平成28年9月24日(土)北の大地から愛知機関区所属となったDF200-223号機。いよいよ稲沢~四日市間に於いて日中試運転が設定されました。DF200+DD51+DD51という組み合わせでした。

試単9979レ 八田→春田 DF200-223+DD51-825+DD51-1804
DL3重単となった試運転。PCと多くの乗務員の姿が見えます。

df200-223_280924_2a.jpg
9972レ 弥富→永和 DF200-223+DD51-1804+DD51-825+タキ
まるでかつての北海道を彷彿とさせるDL3重連とタキの組み合わせ。
大勢のファンがカメラを向けていました。

生憎のお天気でしたが沢山のバリ鉄の皆さんとお会いでき楽しい撮影行となりました。
そしてお世話になりました。感謝感謝であります。

DD51+12系ハンドル訓練 9/20

平成28年9月20日(火)先日に引き続きDD51+12系ハンドル訓練の様子を撮影にお出かけ。
台風16号が上陸する最中でしたが無事捕獲できました。

試9973レ 宮原操→塚本信 DD51-1193+12系5両
豪雨と激しい風の中やってきたDD51+12系。先日に引き続き1193号機が充当されました。
こういうカットもよいものです。
撮影出来た事に感謝感謝。

DD51+12系ハンドル訓練

平成28年9月15日(木)DD51宮原車+12系5両によるハンドル訓練があるとのことでお出かけ。

試9973レ 垂水→舞子 DD51-1193+12系5両
今年2月に行われたハンドル訓練と同じく、走行区間は宮原操~網干。前回と違いプッシュプルではありません。
ご一緒させて頂きました大先生に感謝感謝であります。

クモヤ443系 小浜線・山陰本線電気検測

平成28年9月10日(土)クモヤ443系が小浜線に検測のため入線しました。
今年5月以来の小浜検測、クモヤ443を捉えるべくお出かけです。

試9923M 勢浜→小浜 クモヤ443系2両
日本海と大島半島を臨む小浜線の有名撮影地を行くクモヤ443。
ここでは大勢のファンがカメラを向けていました。
5月に訪れたとき、手前の田んぼに稲はありませんでしたが、今回は黄金色の稲穂が頭を垂れていました。
季節のうつろいを感じます。

443_280910_2a.jpg
試9923M 美浜→東美浜 クモヤ443系2両
耳川を渡るクモヤ443系。耳川といえば鮎、鮎釣りをする太公望の姿が鉄橋の手前と奥に見えます。
奥には日本海が広がる小浜線らしいロケーション。
真っ青な空の下、素晴らしいコンディションの中撮影することができました。感謝感謝であります。

443_280910_31a.jpg
試9922M 勢浜→加斗 クモヤ443系2両
奥に勢浜海水浴場を臨む、日本海沿いを走る小浜線らしいポイント。
良い撮影地です。

最後は山陰本線へ
443_280910_4a.jpg
試9922M 綾部→高津 クモヤ443系2両
ここでも黄金色の稲穂が頭を垂れていました。 稲刈り前の金色の絨毯とクモヤの組み合わせ。

今回の撮影行も現地でバリ鉄の方々と遭遇。楽しい一時を過ごさせて頂きました。
感謝感謝であります。



EF64国鉄色+赤ホキ

平成28年9月9日(金)赤ホキにEF64国鉄色が充当されるとのことでお出かけ。
石灰石輸送列車8785レ、8784レにEF64-1019号機が充当されました。

8785レ 穂積→大垣 EF64-1019+矢橋工業ホキ24両
お馴染み揖斐川の堤防から赤ホキを捕獲。

大垣市内で昼食を取り美濃赤坂へ
ef64-1019_280909_3a.jpg
出発を待つ1019号機と赤ホキ。西濃鉄道のDE10-501と一緒にカット。

ef64-1019_280909_2a.jpg
8784レ 美濃赤坂→荒尾 EF64-1019+矢橋工業ホキ
青空の下、国鉄色EF64と赤ホキを撮影することが出来ました。

ご一緒頂きました大先輩に深謝いたします。

EF64-37+E26系 信州カシオペアクルーズ

平成28年9月8日(木)EF64-37号機がカシオペアを牽くとのことで信州へ。
カシオペア編成としては信州初入線。
「信州カシオペアクルーズ」として上野を出発し、山梨・長野エリアの観光地を巡るものでした。
それをEF64-37が牽引するとなれば行かない理由はありません。
運行ルートは上野~松本。松本から長野までは回送扱い。やはり何と言ってもこの組み合わせで篠ノ井線を走る姿を押さえない訳にはいきません。

回9451レ 明科→西条 EF64-37+カシオペア編成
篠ノ井線の名所を行くEF64-37+カシオペア編成。台風での大雨が予想されていましたが雨は上がってくれました。
平日にもかかわらず、実に多くのファンがカメラを向けていました。

ef64-37_280908_2a.jpg
回9451レ 坂北→聖高原 EF64-37+カシオペア編成
黄金色に頭を垂れる稲穂、新米はもうすぐ。カーブを行く長編成は撮り応えがあります。

ef64-37_280908_3a.jpg
当所の予想は台風の影響で大雨予報。このお天気でさえありがたいものです。

ef64-37_280908_4a.jpg
回9451レ 稲荷山→篠ノ井 EF64-37+カシオペア編成
ここではお天道様が顔を出してくれました。

篠ノ井線を走るEF64-37牽引のカシオペアを記録し充実した時間を過ごすことが出来ました。
また、地元の方に大変親切にして頂き、短い滞在時間ながら信州のすばらしさが体に染み渡りました。
良い撮影行となったことに感謝感謝であります。

「TRAIN SUITE 四季島」甲種輸送

平成28年9月6日(火)「TRAIN SUITE 四季島」の甲種輸送が行われるとのことでお出かけです。

今回はトランスイート四季島に使用予定の車輌のうち、川崎重工製造分の7両が落成出場し甲種輸送されました。
車体はシャンパンゴールドの美しい装いとなっています。

de10-1192_280906_1a.jpg
東淀川→吹田貨物ターミナル DE10-1192+トランスイート四季島7両

de10-1192_280906_2a.jpg
なんともボリューム感のある編成。そして重そうな先頭車。

吹田貨物ターミナルでEF66-115号機にバトンタッチ
ef66-115_280906_1a.jpg
9866レ 島本→山崎 EF66-115+トランスイート四季島7両
サントリーカーブを行くTRAIN SUITE 四季島。ボリューム感たっぷりの形状と中間車の窓が独特の形状です。

ef66-115_280906_2a.jpg
先頭車は好き嫌いがハッキリ分かれるデザイン

ef66-115_280906_4a.jpg
9866レ 南彦根→彦根 EF66-115+トランスイート四季島7両

ef66-115_280906_5a.jpg
「TRAIN SUITE 四季島」に使用される今回の車輌は、国内初となるEDC方式を採用。2017年のデビューとなります。

103系「奈良線開業120周年記念ヘッドマーク」

平成28年9月4日(日)「奈良線開業120周年記念ヘッドマーク」を掲出した103系を撮影すべく奈良線へお出かけ

633M 玉水→棚倉 103系4両
台風12号の影響でお天気がどうなるかと心配していましたが、有り難いことにお天道様が味方してくれました。
良いコンディションの中、120周年特製ヘッドマークを掲出し快調に駆ける103系の姿を捕獲することが出来ました。

103HM1629_280904_1a.jpg
1629M 黄檗→宇治
奈良線らしく宇治川を渡る姿も撮影

103HM1628_280904_2a.jpg
1628M 六地蔵→桃山

今日は思わぬところでバリ鉄の方とバッタリ遭遇。その後は某店で更にバリ鉄の方が合流し楽しいひとときを過ごさせて頂きました。お付き合い頂きました皆さんに感謝であります。

サロンカーなにわ「おとなび・ジパングおわら風の盆号」9915レ

平成28年9月4日(日)昨日「おとなび・ジパングおわら風の盆号」として金沢へ向かったサロンカーなにわ。帰阪する姿を捉えました。

9915レ 吹田→東淀川 EF81-113+サロンカーなにわ7両
金沢を午前0時台に出発した「おとなび・ジパングおわら風の盆号」
乗客の皆さんはおわら風の盆と共に夜行列車のような旅を楽しまれたのでしょう。
やはりヘッドマークのある列車は魅力的で絵になります。

サロンカーなにわ「おとなび・ジパングおわら風の盆号」

平成28年9月3日(土)おわら風の盆最終日となったこの日「おとなび・ジパングおわら風の盆号」としてサロンカーなにわを使用した
団体臨時列車が運行されました。

9912レ 瀬田→南草津 EF81-113+サロンカーなにわ7両
特製ヘッドマーク掲出し金沢へ向かうサロンカーなにわ。牽引機は先週ホキ工臨を担当した検査明けの美しい姿を保つ113号機。
今日はこれでおしまい。北陸本線工臨もありましたが納竿としました。
やはりヘッドマーク掲出はよいものです。
プロフィール

河童雲水

Author:河童雲水
修行僧 河童雲水の日記帳。
腕は三流、機材は入門機のワタクシ河童雲水は修行中の身・・・。ヘタクソ写真でもご勘弁くださいな。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
440位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR