FC2ブログ

御着工臨 工9391レ

平成27年3月25日(水) 桜も咲こうかという時期ですが、寒気が入り寒い日が続きます。
そんな中「御着工臨」が設定され日中走行する姿が見られました。

工9391レ DD51-1183宮原車+チキ3両(荷有り)
1183号機に導かれ御着へ向かいます。
スポンサーサイト



北陸本線DD51工臨

平成27年3月21日(土)初春の北陸本線にDD51宮原車牽引の工臨が設定されました。

工9589レ 南条→王子保 DD51-1191+ロングレール輸送用チキ車12両
夕方5時前にやってきたDD51ロンチキ工臨。今回は南条界隈での作業に伴うレール輸送。
日没前の優しい日差しを浴びて北上します。
右手には残雪残る山々、そしてすっかり雪解けした田畑と赤いDL。この組み合わせ、北陸本線の貴重な存在です。

阪急2300系ラストラン

平成27年3月20日(金) この日を以て、阪急2300系が定期運用から引退するそうで撮影に出てみました。

山田→南千里
「惜別」の特製ヘッドマークを掲出し梅田を目指す2300系。この撮影ポイントにも大勢のファンの姿が・・・少々驚き。
人気の形式だったんですね。

2313_270320_33a.jpg
南千里→山田
こちらは「さよなら」のヘッドマーク。両端で異なるデザインのヘッドマークが掲出されていました。
千里線では屈指の名撮影ポイント「千里トンネル」
ここで2300系最後の姿が撮影出来ました。
そう言えば昨年も3月に2300系を撮影していたようです。この日記帳に残していて正解。

2313_270320_1a.jpg
上新庄→淡路
お空が青ければ文句なかったのですが、こればかりはお天道様次第・・・
ここも随分とヒトが集まってらっしゃいました。

なんせド素人のワタクシには、この車種の引退よりも平日にも関わらず集まったファンの数に驚いた阪急探訪でした。

EF58-150+EF65-1

平成27年3月20日(金)早朝に宮原区から博物館入りする電機2両と寝台客車1両が梅小路へ輸送されました。

9182レ 山崎付近 DE10-1733+EF65-1+EF58-150+オロネ24-4
かつて通い慣れたサントリー山崎をバックに早朝梅小路を目指すEF58-150。そして「吹」の区札が凛々しいEF65-1。
電機2両の重連を彷彿とさせる光景を収めたくこのカットに。本線走行はこれが最後となるのでしょう。

DD51プッシュプル工臨

平成27年3月18日(水)から19日(木)にかけて、DD51宮原車によるプッシュプル工臨が運行されました。

工9691レ 京都 DD51-1193+チキ車2両+DD51-1183
しっかりと雨の降るなか姿を現したDD51プッシュプル「宇治工臨」。チキ車2両を挟み込み宇治へ向かいます。
今や貴重なプッシュプル、コツコツ撮影することが大切です。

工臨2本

平成27年3月12日(木)トワイライトエクスプレスのラストランの話題で持ちきりだったこの日、工臨2本が西下するとあって足を運びました。

長岡京→山崎 工9391レ DD51-1193+チキ2両(荷有り)
トワイライトエクスプレスの後ここへ。首尾良く捉えることができました。

そして移動・・・
dd51-1191_270312_2a.jpg
工9391レ 塚本信付近  DD51-1193+チキ2両
生憎の曇天でしたがおさめれただけ良しとましょう。
春霞といえば聞こえはよいのですが、支那からの黄砂や厄介な粒子が飛散している影響か、もやもやとした大阪市内を望みます。

もう一本の工臨は・・・
ef65-1133_270312_1a.jpg
工9381レ 塚本信付近 EF65-1133+ロングレール輸送用チキ車12両
久々にPFを撮影したような・・・考えてみればこのところあちこちへ修行に行っておりましたので納得。
やはり旅客会社のPFは良いものだと再認識。

有りがたい1日となりました。感謝感謝!!

トワイライトエクスプレス札幌行き 最後の旅路へ

平成27年3月12日(木)いよいよトワイライトエクスプレスのラストラン。
大阪発として札幌へ行く旅はこれが最後に・・・
ef81-43_twラストラン8001レ_270312a
山崎付近 8001レ EF81-43+トワイライトエクスプレス編成
編成写真ではなく、これまで通い慣れたサントリー山崎の前を堂々通過する姿をおさめてみました。
大勢のギャラリーに見送られいつもよりゆっくりとした歩みで通過。
また一つ日本海縦貫線のスターが消滅します。

国鉄特急色K1編成北越号

平成27年3月7日(土)良いお天気に恵まれた北陸本線。北越号には国鉄特急色K1編成が充当されました。
ki_270307_3a.jpg
有間川→谷浜 北越1号 K1編成6両
朝日を浴びて新潟を目指すK1編成。いよいよこの姿も見納め・・・
ダイヤ改正前に撮影出来たことに感謝感謝!!

信越山線の115系たち

平成27年3月7日(土)この日の信越山線には「信越線スイッチバック号」にスカ色が充当されたましたが、湘南色の姿もありました。

関山→二本木 115系3連 N9編成湘南色
美しい山々をバックに有名俯瞰を通過する湘南色。雪景色に映えるツートンカラー。

115sn_270307_2a.jpg
妙高高原→黒姫 115系3連 N9編成湘南色
3両の収まりの良いポイントへ。ダイヤ改正前に貴重な姿を捉えられました。

115sn_270307_3a.jpg
関山→二本木 115系3連 N9編成湘南色
春を待つ里山を駆ける115系湘南色。

一方、こちらは第三セクター移管に向けて着々とハンドル訓練を繰り替えす115系
115s12_270307_2a.jpg
黒姫→妙高高原 しなの鉄道車115系3連

115s12_270307_1a.jpg
ダイヤ改正後、妙高高原以南は「しなの鉄道」へ継承されます。

信越線スイッチバック号

平成27年3月7日(土)ダイヤ改正を前に信越山線では様々な臨時列車が設定されました。
信越線スイッチバック号もその一つ

9352M「信越線スイッチバック号」 二本木→関山 115系6両C1編成
スカ色C1編成が充当された信越線スイッチバック号

115c1_270307_3a.jpg
9351M「信越線スイッチバック号」 妙高高原→関山 115系6両C1編成

115c1_270307_2a.jpg
有名撮影地を後するスカ色。快速幕も堂々と直江津を目指します。

115c1_270307_4a.jpg
9352M「信越線スイッチバック号」 黒姫→古間 115系6両C1編成

直江津~長野を結んだスイッチバック号に大勢ファンがカメラを向けていました。

信越線スイッチバック号

平成27年3月7日(土)ダイヤ改正を前に信越山線では様々な臨時列車が設定されました。
その中の一つ「信越線スイッチバック号」
所謂「スカ色」のC1編成が充当されました。

9352M「信越線スイッチバック号」 二本木→関山 115系6両C1編成

115c1_270307_3a.jpg
9351M「信越線スイッチバック号」 妙高高原→関山 115系6両C1編成

115c1_270307_2a.jpg
有名撮影地を後にするスカ色6連。快速幕も堂々と直江津を目指します。

DD14返却回送

平成27年2月25日(水) 昨日2月24日信越山線で特雪の任に就いたDD14が、冬期常駐解除に伴い長岡へ返却回送されました。
朝から雨の降る生憎のお天気でしたが、大勢のファンがカメラを向けていました。
dd14_270225_11a.jpg
回雪9391レ 青海川→鯨波 DD14-332+DD14-327
通い慣れた名所「鯨波」を駆け抜けて行く姿を捉えました。
日本海をバックに長岡へ戻るDD14重連。ラッセル仕様でここを走ることはもう無いのでしょう。

柏崎の停車を利用し先回り
dd14_270225_12a.jpg
回雪9391レ 長鳥→塚山 DD14-332+DD14-327
恐らくラッセル仕様でのDD14重連の姿をカメラに収めるのは、これが最後になるのでしょう。
かつて鉄道誌で見て憧れていたDD14。いつかまた自らの手で記録したい被写体です。
静態ではなく「動態」で...


さようならDD14特雪 信越山線最後の勇姿...

平成27年2月24日(火) 信越山線 直江津~妙高高原間で今シーズン最後と見られるDD14「特雪」が運行されました。
ご存じの通り来るダイヤ改正を以て、この区間は第三セクターへ引き継がれます。
第三セクターでは、JRが所有するこのDD14を含めた「ラッセル車」を継承しない事を明らかにしているため、信越山線でラッセル仕業に就くのは今シーズンが最後。その姿を捉えてきました。

無骨だが美しい、そして何より格好いいDD14。
日本で唯一稼働していたこの区間からもいよいよ引退の時が迫ります。

まずは新井駅へ。
本来はここへ来る予定は無かったのですが、別の理由がありここからスタートとなりました。
dd14-327+332_270224_1a.jpg
9662レ 新井 DD14-327+DD14-332
やってきました特雪。再び走行する姿を目の当たりに出来るとはついています。

スイッチバックで名の知れた二本木駅へ
dd14-327+332_270224_2a.jpg
9662レ 二本木 DD14-327+DD14-332
朝の二本木駅でスナップ。朝の通勤時間帯に差し掛かる頃、二本木駅を後にする115系の姿も見えます。

dd14-327+332_270224_4a.jpg
9662レ 二本木 DD14-327+DD14-332

二本木駅で撮影を済ませ先回り...
dd14-327+332_270224_5a.jpg
9662レ 二本木→関山 DD14-327+DD14-332
前回とは異なる撮影ポジションから狙います。
1月とは違いすっかり雪もなくなり物足りないですが最後の特雪となろうDD14を撮影出来るだけ有りがたいというものです。

関山を過ぎるといよいよ本領発揮!ウイングを開き排雪開始!
しかし、線路は綺麗に見える状態、線路脇の雪壁にかすかにウイングをかすめる程度。
残念ながら大胆な排雪シーンは拝めませんでした。
dd14-327+332_270224_6a.jpg
9662レ 関山→妙高高原 DD14-327+DD14-332

dd14-327+332_270224_7a.jpg
9662レ 関山→妙高高原 DD14-327+DD14-332
ここでは停車し窓を開け、線路脇の様子を確認しつつ実にゆっくりと進んで行くDD14の姿が見られました。

復路に向けての準備。
雪道をひすら登坂し、妙高高原から折り返してくるDD14を待ち受けます。
dd14-332+327_270224_1a.jpg
9661レ 関山→二本木 DD14-332+DD14-327
晴れてくれるかなと淡い期待をしましたが、お山の雲は厚く・・・
「再びDD14がここを走るこは無いのだろう」と考えつつファインダーを覗いているとまさに感無量。
撮影出来ることへの感謝の気持ちが自然とあふれてきます。
運転士さんも撮影名所とご存じなのでしょう「ピーーーーッ」と特別に長い吹鳴でした。まるで別れを告げるようです。

二本木駅での停車を利用し先回りします
dd14-332+327_270224_2a.jpg
9661レ 二本木→新井 DD14-332+DD14-327
ウイング全開!作業灯点灯!
雪はなくとも迫力のシーンが復路も展開されました。

dd14-332+327_270224_3a.jpg
9661レ 二本木→新井 DD14-332+DD14-327
重連DD14の格好良さ。たまりません。

まだまだDD14の姿を追います
dd14-332+327_270224_4a.jpg
9661レ 二本木→新井 DD14-332+DD14-327
有名ポイントだけに大勢のファンがカメラを手に待ち構えていました。

冷たい雪壁から垣間見えたあたたかい手...
dd14-332_1a.jpg
沿線のファンに手を振って応える光景に、雪があろうと無かろうと来て良かったと思った瞬間。
同時に、これまで雪深い信越山線を守ってきたDD14への労いと、関係者の誇りを感じるシーンでもありました。

dd14-332+327_270224_5a.jpg
9661レ 二本木→新井 DD14-332+DD14-327
ここでも作業灯はバッチリ点灯状態。良いカットが撮影出来ました。感謝感謝!!

dd14-332+327_270224_6a.jpg
9661レ 二本木→新井 DD14-332+DD14-327
誰もいない撮影ポイント。それでも優しく手を振って応えてくれました。

最後はここで納竿
dd14-332+327_270224_7a.jpg
9661レ 高田→春日山 DD14-332+DD14-327

迫力ある大胆な排雪シーンこそ見られませんでしたが、DD14が信越山線特雪としての恐らく最後になるであろう仕業就き、その勇姿を撮影出来たことに感謝せずにはいられません。本当に良い一日でした。
そしていつかまた出会えることを願いつつ・・・。






プロフィール

河童雲水

Author:河童雲水
修行僧 河童雲水の日記帳。
腕は三流、機材は入門機のワタクシ河童雲水は修行中の身・・・。ヘタクソ写真でもご勘弁くださいな。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
440位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR