FC2ブログ

青いEF510

貨物へ移籍後すっかり定着した感のあるEF510-500番台車
それでも移籍後の姿を記録している数は少なく、チャンスということでここへ
平成26年9月30日(火)の模様です。

4076レ EF510-507
東海道本線を走る青い510
「旅客カマ」だった頃・・・常磐線で貨物を牽く姿に比べると汚れも目立ち、旅客と貨物での扱いの差を感じずには居られません。
ともあれ、このカラーはやはり魅力的な被写体です。
スポンサーサイト

九州上陸作戦

とある理由で急遽訪れる事となった九州。鉄道撮影とは全く関係のないインビテーションを頂戴しました。
急ぎ支度ですので「一応カメラは持ってくかな」という程度の装備。
とりあえず新幹線に飛び乗り九州上陸は成功。しかし当然のことながら、今回は鉄道撮影が念頭になかったため訪問地区を走る鉄道の下調べはしておりません。
用件を済ませたところで、駅を訪れてみると「SL人吉」の文字が目に留まりました。
もしや人吉を撮影出来るかも・・・というわけで結局車を走らせることにしました。

そして辿り着いたのがここ
一度は撮影してみたかった58654をキャッチします。

8242レ 瀬戸石→鎌瀬 58654+50系改3両
言わずと知れた有名撮影地「球磨川第一橋梁」を駆けるSL人吉
煙の排出状況も迫力満点!SLを撮影する美しい女性の見送りに、手を振って応えます。

58654_260927_1b.jpg
肥薩線を走る美しく手入れされたSL人吉。改めてゆっくり撮影に訪れたい被写体です。

ちなみに、SL人吉の前には九州横断特急も撮影可能です。
185-10_260927_1b.jpg
鎌瀬→瀬戸石 キハ185
※後追い

時間が無かったので熊本駅でスナップ
58654_260927_4b.jpg
8241レ 熊本 58654+50系改3両
発車直前まで記念撮影が途切れることの無かった、人気者SL人吉。
やはりSLはどこにいっても人気者ですね。


今回訪れた理由はこちら・・・
j_260927_1a.jpg
j_260927_2a.jpg
ご覧頂いての通り。自衛隊の皆さんには大変お世話になりました。


トワイライトエクスプレス_秋の北陸本線にて

いよいよラストシーズンを迎えたトワイライトエクスプレス。
秋の北陸本線を駆ける姿を捉えてみました。
平成26年9月22日(月)の模様です。
ef81-44_260922_1a.jpg
8002レ 南条→湯尾 EF81-44+トワイライトエクスプレス
秋晴れの北陸本線をいつものようにやってきたトワイライトエクスプレス。
この姿もいよいよ見納め・・・

敦賀停車を利用して先回り
ef81-114_260922_2a.jpg
8002レ 敦賀→新疋田 EF81-114+トワイライトエクスプレス
敦賀で114号機にバトンタッチ。上下線が分離するこの区間は、まるで単線区間のような表情もカットできます。

月曜日なので下りトワイライトエクスプレスも撮影
ef81-103_260922_2a.jpg
8001レ 南条→王子保 EF81-103+トワイライトエクスプレス
北を目指すトワイライトエクスプレス。来年の今頃、ここを毎日のように駆ける姿は過去の物となっているのでしょう。


キハ48方向転換配給

この日記帳もいつの間にか20000アクセスを頂戴していましたね。すっかり忘れておりました。
拙い作品ばかりですがご覧頂いている方々に御礼申し上げます。
ワタクシが「あのときどうだったかなぁ」と振り返る為のあくまで日記帳。これからもそのあたりをお察し頂ければ幸いです。

さて、今回はキハ48型の方向転換配給列車を撮影に。雲量多い一日となりました。
平成26年9月18日(木)の様子です。

配9381レ 長岡京→山崎 EF81-103+キハ48型2両
今回はトワイライト色のEF81との組み合わせとなりました。

後追いも・・・
ef81-103_48_260918_2a.jpg
すっかり色あせたキハ48型です。

ef81-103_48_260918_3a.jpg
配9381レ 東淀川付近 EF81-103+キハ48型2両
ここからいよいよ方向転換のため、ぐるりと宮原操~塚本信を経て大阪駅へ向かいます。

北方貨物線を利用し方向転換を済ませたキハ48型、北陸へと向かいました。
ef81-103_48_260918_4a.jpg
配9383レ 山崎付近 EF81-103+キハ48型2両

トワイライト色EF81とキハ48型の組み合わせは珍しく、大勢のファンがカメラを向けていました。

DD51重連 紀勢本線トワイライトエクスプレス

平成26年9月13日から翌14日にかけて、和歌山デスティネーションキャンペーンの開幕を飾る、トワイライトエクスプレスによる団体臨時列車が運行されました。
やはり注目は牽引機。堂々DD51重連での運行となりました。

9027レ 古座→紀伊田原 DD51-1193+DD51-1109+トワイライトエクスプレス車7両
絶好のコンディションに恵まれました。晴天の下DD51重連に導かれ新宮を目指します。

dd51-1109+1193_260914_1a.jpg
9028レ 紀伊田原→古座 DD51-1109+DD51-1193+トワイライトエクスプレス車7両
雲一つ無い快晴の下、ゆっくりと古座川を渡ってゆくトワイライトエクスプレス。
このポイントには大変大勢のファンが集いました。まさに圧倒されそうな勢い・・・

9028レがやってくる間にはこんな仲間達も
381_18_260914_1a.jpg
くろしお18号 紀伊田原→古座 381系6連
「マリンくろしお」幕でやってきた「くろしお」粋な計らいですね。

そしてこちらも和歌山デスティネーションキャンペーンの目玉、ハローキティとのコラボレーションで可愛くラッピングされたスマートベスト、快速 「ハローキティ和歌山号」
sm_260914_1a.jpg

最後はここで納竿となりました。
dd51-1109+1193_260914_2a.jpg
9028レ 藤並→紀伊宮原 DD51-1109+DD51-1193+トワイライトエクスプレス車7両

それにしても、実に素晴らしいコンディションの下、紀勢本線を駆けるトワイライトエクスプレスを撮影出来たことに感謝感謝。
そして、たくさんのお知り合いの方ともお会いでき楽しい一日となりました。
ヘッドマークが掲出されなかったのが残念。

日本一標高の高い地点を行く工臨~野辺山工臨

JRグループでは最も標高の高い地点を行く野辺山工臨。その貴重な姿をおさめるべくすっかり秋の気配の小淵沢へ。
生憎のお天気でしたがお出かけしました。

単9264レ 甲斐小泉→小淵沢 DD16-11
この日は生憎のお天気。本当ならばバックには雄大な山々が・・・、こればかりはお天道様次第ですね。
早朝に野辺山へレールを運んで、単機で小淵沢へ向かうDD16の姿です。とても小さく可愛らしい姿が朝の大曲を行きます。車窓から見えるよう田んぼにはアートが施されています。

dd16-11_260911_2a.jpg
工9265レ 小淵沢→甲斐小泉 DD16-11+チキ2両
小淵沢でレール積載チキを連結。野辺山へ向かいます。黄金色に穂を垂れた稲穂の海とDD16工臨。

dd16-11_260911_3a.jpg
工9265レ 甲斐大泉→清里 DD16-11+チキ2両

アングルを変えて・・・
dd16-11_260911_4a.jpg
工9265レ 清里→野辺山 DD16-11+チキ2両
突然激しい雨が降り出す中、うっそうと茂った森の中から姿を見せたDD16

dd16-11_260911_5a.jpg
工9265レ 野辺山 DD16-11+チキ2両
最高標高駅野辺山へ到着。小海線が高原鉄道路線と言われる所以です。

dd16-11_260911_6a.jpg
美しい姿を保つDD16の姿

ここからチキを押し込む光景が展開されます。
dd16-11_260911_7a.jpg

小諸寄りへ一旦進みます
dd16-11_260911_8a.jpg

ポイントを切り替えて押し込み開始
dd16-11_260911_9a.jpg

無線で確認しあいながら押し込み完了
dd16-11_260911_10a.jpg

何とも可愛らしいフォルム。
dd16-11_260911_11a.jpg
DD16独特のデザインが見て取れます。

dd16-11_260911_12a.jpg
このあとは単機で小諸方面に向かいます。

dd16-11_260911_13a.jpg
暫時休憩・・・

そしていよいよ任務を終えて単機で戻ります
dd16-11_260911_14a.jpg
工9267レ 野辺山 DD16-11+チキ2両
高原レタス畑の中を走るDD16。小海線らしい光景です。





豪雨被災381系配給列車

8月の豪雨災害で被災した福知山区の381系FE63編成。
先日ひとまず丹波竹田駅から福知山区へ救援配給されていましたが、平成26年9月1日(月)吹田工場へ向けて福知山線経由でやってきました。

配9750レ 塚本信→新大阪 DD51-1193+クモヤ145+381系6両(FE63編成)+クモヤ145
まずもってお目にかかれない珍しい組み合わせを撮影出来ました。
某氏には足を向けて寝られません。感謝感謝!

後追い・・・
「9750」と表示されています。うっかり棒が写りこんでます。相変わらずヘタクソですが記録程度ということでご勘弁。
dd51-1193+145+381+145_2a.jpg
ちなみに、最後尾のクモヤが軽快なモーター音を轟かせていたのには驚きました・・・。
プロフィール

河童雲水

Author:河童雲水
修行僧 河童雲水の日記帳。
腕は三流、機材は入門機のワタクシ河童雲水は修行中の身・・・。ヘタクソ写真でもご勘弁くださいな。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
921位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
318位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR