FC2ブログ

晴天の雪山バックに

平成26年1月3日、この日の信越山線は晴天に恵まれました。

「青い空」「雪山」「あさま色」そして飛行機雲はご愛嬌。そんな中189系「妙高1号」が駆け抜けて行きました。
最高のコンディションの中撮影できたことに感謝感謝であります。

115_6_260103_1a.jpg
妙高号の前には長野色115系も6連でやってきてくれました。

それにしてもここは素晴らしいロケーション!もう一度訪れたいと強く思う撮影地となりました。

この後は南下します
115_3_260103_1a.jpg
信越山線でも定番中の定番!「黒姫山バック」
やはり思った通り絶好のロケーションです。
そしてこのお天気、最高でした。115系が雪煙を上げて駆け抜けて行きます。

妙高号を待っている間に黒姫駅で信州そばに舌鼓、おいしく頂き体も暖まりました。
189_260103_2a.jpg
黒姫→古間 189系「妙高4号」
残念ながら、妙高号通過時には空の色が芳しくなくなりましたが撮影出来たことに感謝です。
ここは一度訪れてみたかった場所だけに感慨無量。
実にありがたい撮影行となりました。
スポンサーサイト



EF64 4重連 篠ノ井線にて

新年恒例 EF64×4重連回送が今年も篠ノ井線で繰り広げられました。
平成26年1月3日(金)の様子です。

姨捨付近 単8560レ 南松本側からEF64-1037+EF64-1027+EF64-1028+EF64-1006
善光寺平を見下ろす有名撮影地を駆けるEF64。全てのパンタグラフが上がった状態での4重連走行、まさに圧巻です。

ef64_4_260103_2a.jpg
坂北→西条 単8560レ 南松本側からEF64-1037+EF64-1027+EF64-1028+EF64-1006
大勢のファンが集った坂北のカーブ。本当に凄い人でした・・・。

ef64_4_260103_3a.jpg
田沢付近 単8560レ 南松本側からEF64-1037+EF64-1027+EF64-1028+EF64-1006
縦アンで狙ってみた4重連

ef64_4_260103_4a.jpg
後追い
篠ノ井側最後尾一両が国鉄色でした。

ef64_4_260103_5a.jpg
日没間際の平瀬信号所で待避。「しなの」や普通電車をやり繰り。

ef64_4_260103_6a.jpg
夕日を受けて、南松本へ向けてラストスパート

圧巻の4重連、道理でまた撮影したくなる訳です。

平成26年「撮り初め」

新年おめでとうございます。
昨年から引き続きご覧頂いている皆様には本年もどうぞよろしくお願いしますと申し上げ、そして幸多き一年になりますこと祈念いたします。

さて、平成26年の「撮り初め」と称し少々珍しいものを撮影して参りました。
以前から気になっていた「霜取り列車」です。ターゲットはクモヤ143-52、こちらをご覧の方は達者な方が多いようですので多くを語る必要は無いかも知れませんね。
平成26年1月3日(金)の様子です。

松本 回9947M クモヤ143-52
午前4時台にも関わらず大勢のファンが待つホームへゆっくりと入線してきました。
「霜取り列車」らしく両パンを上げ出発を待ちます。

kumoya143-52_1a.jpg
9947Mの列車番号も堂々と大切な任務を日々こなす、縁の下の力持ちであります。
この後、加速よろしく篠ノ井へ向かって出発!

kumoya143-52_3a.jpg
荷物電車時代の面影を残すクモヤ143-52

kumoya143-52_4a.jpg
田沢→北松本 回9948M クモヤ143-52
この時期はまだ日の当たらない時間に松本へ向かうクモヤ143-52、松本着は7:20です。
篠ノ井向きと異なるのは片方のパンタグラフのみをアップしている点。お分かり頂けるでしょう。

今や貴重な存在となったクモヤ143-52
もう少し日が長くなってから再訪してみたいものです。この姿もいつまで見られるか分かりません。

プロフィール

河童雲水

Author:河童雲水
修行僧 河童雲水の日記帳。
腕は三流、機材は入門機のワタクシ河童雲水は修行中の身・・・。ヘタクソ写真でもご勘弁くださいな。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
1289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
440位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR