FC2ブログ

EF64-1040

平成25年8月31日(土)やはりというべきか、EF64-1040号機が8866レに充当されました。

新大阪→吹田貨物ターミナル 8866レ EF64-1040

きっちり8/31の8866レに入ったところをみると、稲沢に帰りそのまま運用離脱の可能性が高いと見るのですが・・・
以前からそのようなことを聞き及んでいただけに今後の動きに注目です。
スポンサーサイト

播但工臨 工8690レ

平成25年8月30日(金)播但線へお出かけしてみました。
播但線の名物工臨がお目当てです。

工8690レ DE10-1106+ホキ6両 和田山→竹田
台風と前線の影響でお天道様は雲の中でした。

de10-1106_250830_2a.jpg
工8690レ DE10-1106+ホキ6両 竹田→青倉
湿度が高く曇天も手伝って「竹田城城趾」はぼんやりと霞んで見えます。

de10-1106_250830_3a.jpg
バックショット。単線非電化区間らしい光景、まさに播但線の醍醐味です。

de10-1106_250830_4a.jpg
工8690レ DE10-1106+ホキ6両 新井→生野
ゆったりと緑の回廊を抜けていきます。

de10-1106_250830_5a.jpg
工8690レ DE10-1106+ホキ6両
いよいよ最大の難所、生野峠へ。

de10-1106_250830_6a.jpg
工8690レ DE10-1106+ホキ6両 長谷→寺前
寺前付近まで来ると大雨に。撮影どころではない状況でしたがなんとか。。。

いよいよ9月は山陽本線が賑やかな月になりそうです。

城東貨物線

酷暑もようやく収まりを見せつつありますね。
夏至を境に明らかに日も短くなっていますし、いよいよ北の大地では石北貨物が始まりました。
確実に季節は進んでいます。

さてさて、今回は城東貨物線へ。お馴染みの神崎川鉄橋です。
ここ神崎川付近も、おおさか東線北線区間の工事が着々とすすんでおり、間もなく光景が変わりそうです。
8月29日の模様です。

5087レ EF65-2089
検査明けの2089号機がやってきました。標準貨物更新色になったと噂に聞いていましたが、かつての面影は側面の照明灯を残すばかりです。これは検査でも残りました。

ef200-8_250829_1a.jpg
1092レ EF200-8
今日はEF200でやってきてくれました。感謝感謝!

ef81-453_250829_1a.jpg
4071レ EF81-453

ef66-116_250829_1a.jpg
1092レの後を追ってやってきた貨物列車。遅れが発生していたのでしょうか。
EF66-116が牽引しゆっくりと百済に向けて通過していきました。

短時間に効率良く4形式の電気機関車が撮影出来ました。

山陽本線DD51工臨とPF配給

平成25年8月21日(水)
この日「岡山方面からDD51がロンチキ(返空)を引き連れて上ってくる」との情報を頂戴し山陽本線へ・・・

工9380レ DD51-1109+ロングレール輸送用チキ
山陽本線を午後上ってくる列車を狙う場合、概ね逆光と如何に折り合いを付けるかに難儀するのですが、この日はついてました。よーく耳を澄ませば遠くで雷鳴が聞こえるではありませんか。急速に発達した入道雲のお陰で直前で曇ってくれました。感謝感謝!

dd51-1109_250821_2a.jpg
瀬戸駅で一服する1109号機
山陽本線岡山や福山方面のロンチキといえば牽引機はPFが定番。
DD51-1109が牽引する姿はやはり珍しいのか、大勢のファンがカメラを向けていました。
それにしても暑い・・・陽炎が写るほどです。

猛暑でクタクタ。。。帰ろうかと思っていたところ、DD51工臨を追いかける形でなにやら配給がやってくるらしいとの情報が。これです。
ef65-1124+120-22_250821_1a.jpg
配9386レ EF65-1124+キハ120-22
見たことのない塗色のキハ120。どうやら下関配置の車両のようです。

ef65-1124+120-22_250821_2a.jpg
網干入場かと思っていたところ、北陸方面への貸出だとの情報が。真偽の程は分かりません。
思いがけない収穫に感謝であります。


工8690レ 播但工臨

平成25年8月21日(水)猛暑の中、播但工臨が運行されました。
編成はDE10-1106号機+ホキ6両の組み合わせとなりました。

和田山→竹田 工8690レ DE10-1106+ホキ6両
検査出場からしばらく経ちますが、まだまだ美しい姿の1106号機です。

de10-1106_250821_3a.jpg
竹田→青倉 工8690レ DE10-1106+ホキ6両
かの有名な竹田城趾をちょこっと入れてみました。

de10-1106_250821_4a.jpg
工8690レ DE10-1106+ホキ6両

de10-1106_250821_5a.jpg
新井→生野 工8690レ DE10-1106+ホキ6両
夏らしく繁茂した緑の回廊縫ってを力強く駆けていきます。

de10-1106_250821_6a.jpg
生野のサミットへ挑みます。
de10-1106_250821_7a.jpg
新井→生野 工8690レ DE10-1106+ホキ6両

de10-1106_250821_2a.jpg
生野→長谷 工8690レ DE10-1106+ホキ6両

寺前で103系と並んだ工8690レ
播但線の電化区間と非電化区間の境界らしく、隣のホームにはキハ車もいます。
de10-1106_250821_8a.jpg
寺前 工8690レ DE10-1106+ホキ6両
無線で連絡を取り合いこれからホキを所定位置まで押し込みます。

de10-1106_250821_9a.jpg
寺前 工8690レ DE10-1106

de10-1106_250821_10a.jpg
一旦、北側へ転線します。

de10-1106_250821_11a.jpg
そして所定位置へ。
ゆっくり夕方の出発を待ちます。

播但線の名物工臨。
いつまでも残ってほしいものです。

tag : 工8690レ 播但工臨

吹田の鉄道展<JR貨物編> 吹田市浜屋敷にて開催中!

平成25年8月12日(月)JR貨物の展示に出かけてみました。
吹田の鉄道展JR貨物編>」と題して、吹田市の浜屋敷にて開催中です。JR貨物編との文字通り関西支社、吹田機関区に縁のある品々が展示されています。
浜屋敷ってどこ?」と思われる方もいるでしょう。場所や期間については後述しますので、どうぞお付き合いを。



展示コーナーに入ってみてまず目に付くのがこれ!
hamayashiki_250812_1a.jpg
運転台です。
椅子も据えてあり座って直接触れることが出来ます。大人も子供もうれしい展示物です。
モニターには運転席からの車窓映像が流されています。
城東貨物線を走行するシーンは思わず見入ってしまいました。特に赤川を渡るシーンがオススメ。「こんな見え方なんだぁ」と思わず感心してしまいます。

hamayashiki_250812_2a.jpg
案内頂いた方が大変親切でした。パックリしたところを一枚。内部はメカニカル。

hamayashiki_250812_3a.jpg
5070レですね。実際に使用されたものが展示されているのはうれしい限り。

運転台はEF66-126号機のものでした
hamayashiki_250812_15a.jpg
刻印が渋い・・・
hamayashiki_250812_16a.jpg

実際に取り付けられていた状態を写したパネルが展示されています。
hamayashiki_250812_17a.jpg
126号機の運転席と思われます。

写真も豊富に展示されていますが、ナンバープレートも展示されています。
hamayashiki_250812_4a.jpg

hamayashiki_250812_6a.jpg
EF66-22号機のナンバープレートです。
大変美しく、良い状態で保たれています。

これには少々驚きました。EF200-1のナンバープレートです!
hamayashiki_250812_7a.jpg
既に解体されたとの話は聞きましたが、トップナンバーのナンバープレートは保存されていたんですね。

ヘッドマークも展示されています。
hamayashiki_250812_8a.jpg
今春開業した際の式典で使用されたヘッドマークですね。

hamayashiki_250812_10a.jpg
実際に掲出して走行しないかなぁなんて思いつつ、シャッターを切ります。

かつての使用されていた信号所の様子も写真付きで解説されています。
hamayashiki_250812_18a.jpg
実物は一見の価値有りです。

こちらのコーナーでは、マニア垂涎の運転報や通告券が展示されています。
hamayashiki_250812_11a.jpg

hamayashiki_250812_12a.jpg
運転報
大口団臨なんて文字も見えますね。

hamayashiki_250812_13a.jpg
こちらは運転通告券
なかなかお目にかかれない逸品。

hamayashiki_250812_14a.jpg
5087や3092といったお馴染みの列車番号が並びます。

今回の展示は以下の場所、日時で開催されています。
貴重な品々を見ることができる機会です。一度足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

【場所】浜屋敷 吹田歴史文化まちづくりセンター http://hamayashiki.com/H25_calendar.html    
    大阪府吹田市南高浜町6-21
【期間】平成25年8月11日(日)~平成25年8月17日(土) 10:00~16:00

浜屋敷はこのような佇まいのところです。
※駐車場は有りませんのであしからず。また周辺は狭路となっており住宅街のためコインパーキングもありません。
hamayashiki_250812_19a.jpg








tag : 吹田の鉄道展 JR貨物 浜屋敷

583系甲子園臨 来阪

平成25年8月11日(日)583系(秋田車)が来阪しました。
どうやら本来は24系寝台車の設定だったようですが、9日から続く秋田・岩手で続く豪雨の影響で急遽の登板となった模様です。

千里丘→岸辺 583系6両(秋田車)
終着駅大阪を目指しラストスパートです。大阪駅には7時40分頃到着したようです。

今回の設定はこちらの甲子園出場校の応援団
583_250811_2a.jpg
弘前学院聖愛高等学校応援の一団。野球には全く興味が有りませんが活躍を祈念!

数少ない583系。「きたぐに」廃止後では最も稼働率の高いこの車両。
少々傷みも見て取れます。
583_250811_3a.jpg
しかしながら、国鉄色583系のフォルムは代え難い存在です。

583_250811_4a.jpg
ゆったりと宮原操へ入区します。

tag : 583系 甲子園臨 弘前学院聖愛高等学校

DD51-1109亀山配給

平成25年8月4日(日)お馴染み亀山配給が運行されました。今回の牽引機はDD51-1109号機(宮原車)。亀山~宮原操までの任に就きました。


修行の諸々用事がありましたが、折り合いを付けまずはここからスタート。
やはりDDは非電化区間で撮影しないと勿体ないですから。
dd51-1109_120-15_250804_1a.jpg
加太→柘植 DD51-1109+キハ120-15
うまく直前で太陽光をうっすら遮る雲が出てくれました。感謝感謝。

ここからは電化区間草津線へ
dd51-1109_120-15_250804_2a.jpg
油日→甲賀 DD51-1109+キハ120-15

dd51-1109_120-15_250804_3a.jpg
甲賀→寺庄 DD51-1109+キハ120-15

dd51-1109_120-15_250804_4a.jpg
貴生川→三雲 DD51-1109+キハ120-15
湿度の高いこの日、貴生川界隈では突然大粒の雨が降ってきました。
なんとか撮影は出来ましたが、用意周到に撮影に臨まねばならないことを痛感。

dd51-1109_120-15_250804_5a.jpg
三雲→甲西 DD51-1109+キハ120-15
電化されているとは言え単線区間が魅力の草津線。
今や貴重となったDD51牽引の配給列車は「キハ120一両だけでは物足りない」とばかりに、力強く駆け抜けていきました。

dd51-1109_120-15_250804_6a.jpg
キハ120-15
亀山配給のもう一人の主役です。

tag : 亀山配給 DD51-1109 キハ120-15

プロフィール

河童雲水

Author:河童雲水
修行僧 河童雲水の日記帳。
腕は三流、機材は入門機のワタクシ河童雲水は修行中の身・・・。ヘタクソ写真でもご勘弁くださいな。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
写真
921位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
318位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR